サラキテクトとは

Pocket

僕はとあるゼネコンの設計部で建築の意匠設計をしている建築士です。

建築家というと一般的には個人の設計事務所を持って日々建築の設計をしている人というイメージが強いかもしれません。

例えば、安藤忠雄さんであったり、伊東豊雄さんであったり…

しかし、世の中には僕のようにそういった建築家とは違う立ち位置から建築のデザインをしている人々がいます。むしろそういう人の方が多いのかもしれません。

僕のようにゼネコンに勤めていたり、大きな設計事務所に勤めていたり。そういう人たちも、個人事務所とは違う立ち位置で真剣に建築のことを日々考えて生きています。

「建築家」というと少し取っ付きづらい印象があるかもしれません。しかし、普通の会社勤めをする建築士というもう少し親しみやすい立場から、世の中の人に建築の魅力を少しでも知ってもらえれば…という気持ちでこのブログを立ち上げてみました。

ブログのタイトルにも掲げている「サラキテクト」という言葉は、「サラリーマン」と「アーキテクト(建築家・建築士)」をくっつけた造語です。元々こういう言葉がある訳ではありませんが、自分の立場を一度しっかり表明してみようと思って、こう名乗ることにしました。(某建築エコノミストみたいなものですね。)

とはいえ、建築のことばかり書くつもりはありません。僕が日常の中で感じたこと、素敵だと思うもの、はまっていることなど、ジャンルを問わず幅広く発信していければと思います。

初っ端からブログの方向性があやふやな感じにあっていますが、気長にお付き合いいただければと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。