雪と月蝕

Pocket

続き物で記事を作るとどうにも間に他のことを書きたくなくなるので、なんとか一級建築士の話を終えられて良かったなと思ってます。。

そんなわけでホッと一息的なとりとめない記事です。

 

今年は自然現象が見せてくれる色々な風景を初っ端から楽しめましたね。まずは大雪。
首都圏でこんなに降ったのはいつぶりでしょうか?交通へのダメージは笑えませんでしたが、これだけ降ると普段の景色が一変しますね。

Hasselblad 500C/M + Planar F2.8 80mm

今日もこれから明け方にかけて一気に積もるという予報ですがどうでしょうか。。通勤が不安です。

いつの日からか、雪が降ると通勤や通学の心配をするようになってしまいますね。雪が降ることがただただ嬉しかった時の心は、僅かでも良いので持ち続けたいです。

 

そして皆既月蝕。
僕は家のベランダにキャンプ用の椅子やポータブルファンヒーターを持ち出して、ブランケットにくるまりながらじっと観察しました。

Nikon D90 + Tamron 18-270 F3.5-6.3DiⅡ

今ではこの現象を全て説明することが出来ますが、理由がわからなかった時はどんな気持ちで空を見上げていたのでしょうか。

去年はあまり写真を撮らない年だったので、今年はもう少し量を増やしていければなぁ。。

量を伴わない質はないとのことなので。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。